長沼豊の研究室へようこそ!

本学のかつてのシンボル「ピラミッド校舎」   1960-2008
本学のかつてのシンボル「ピラミッド校舎」   1960-2008

〔NEW〕

〔開催予定〕

○第4回 部活動のあり方を考えるミニ集会
ワークショップ
「部活動改革マップを完成させよう」
日時:12月16日(日)13時~17時
場所:学習院大学 北1号館1階 多目的教室B
(山手線目白駅 下車徒歩5分)
参加定員:30人(先着順)
参加費:500円(資料代)

趣旨と内容:
部活動のあり方を参加者全員で考察する。
具体的には部活動の肯定的な面(4点)をさらにより良くするアイディア、否定的な面(6点)を改善するアイディアをワークショップにて出し合い「部活動改革マップ」を完成させる。

備考:
6/20開催のJCEFスタディ・スタヂオKOBE「シティズンシップ教育から『部活動』を考えてみる」において、部活動の肯定的に考えられる点8つ、否定的に考えられる点7つが提起された。
この計15点のうち5点(肯定4点、否定1点)について、9/23開催のJCEFシティズンシップ教育推進人材養成連続講座第2回「学校とシティズンシップ教育 部活動から考える」において、肯定面をさらにより良くするアイディア、否定面を改善するアイディアを生徒・教師・学校・地域の4つの視点から考察した。
今回は残りの10点について参加者がアイディアを出し合い、15点全てを網羅した「部活動改革マップ」を完成させる。

主催:学習院大学文学部教育学科長沼豊研究室
後援:日本シティズンシップ教育フォーラム(JCEF)予定

懇親会:17時30分~19時30分(目白駅の近くの居酒屋にて開催)
参加費4000円

参加申込:専用サイト(こくちーず)クリックしてください
申込開始:11月10日(土)15時
申込締切:12月15日(土)18時

■長沼豊の部活動本②

『部活動改革2.0 ~文化部活動あり方を問う~』中村堂  2018.10.13出版

〔マイコンセプト〕

 ■夢を大切に!

 児童生徒の夢を大切にする教員を育てます

■2050年の社会に向けて!

 WILDでACTIVEな教員を育てます

■部活動のあり方を考え、課題解決に向けて取り組んでいます

 ⇒ こちらからご確認ください