部活動〔基本的な考え方〕

■部活動3原則■(長沼による)

1.生徒の部活動への参加は任意である(全員加入制を廃止する)
2.教員の部活動顧問への就任可否は選択できる(全員顧問制を廃止する)
3.部活動の顧問は辞書的意味の顧問である(技術・技能の指導者である必要はない)

※文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン作成検討会議(第1回)にて発言
  2018年8月10日アップ

■部活動の在り方を考える5つの視点■(長沼による)
1.中学校の部活動だけでなく、小学校、高校、高専、大学の部活動についても在り方を考える
2.国公立学校の部活動だけでなく、私立学校の部活動についても在り方を考える
3.運動部だけでなく、文化部についても在り方を考える
4.教員の働き方改革の視点だけでなく、生徒の過重負担の視点からも在り方を考える

5. 都市型の地域だけでなく、人口が少ない地域の部活動についても在り方を考える

※1~4は日本部活動学会第1回大会の基調報告にて発表
 2018年8月10日アップ

■部活動改革の6つのフェーズ ver.2■(長沼による)

※拙著『部活動の不思議を語り合おう』(ひつじ書房、2017年)に掲載した「部活動改革の6つのフェーズ」を修正しver.2としました。

2018年8月11日アップ

■部活動問題の7つの原因■(長沼による)
1.教育課程外ゆえ行政の規制に限界
2.サービス残業が前提となっている仕組み
3.部活動の指導は業務か曖昧
4.部活動の位置づけの変遷による
5.安上がりな選手育成システムとして機能
6.安全配慮義務による
7.成果は学校の宣伝になる
※拙稿「部活動問題の七つの原因」の小見出しを一部改編
 金子書房「児童心理」2018年5月号所収 連載「部活動のあり方(第2回)」
2018年8月11日アップ

■部活動改革のための2つの提案■(長沼による)
1.教員は初任から3年間は部活動の顧問に就任しないようにする

 (職務のメインである教科指導、学級経営等の知識・技能の習得を優先する)
2.〔近日公開〕

2018年8月13日アップ