■研修講師として私を呼んでくださるかたへのお願い

 

【依頼の時期】
 年間を通して沢山の講演を行っていますので、依頼はできれば半年以上前にお願いします。
 大学の授業、学科の運営、学会の運営など多様な仕事をしています。また沢山の講演依頼があります。個々のニーズに十分お応えして質の高い講演を目指しますが、依頼しているのは貴団体だけではないという点を十分にご理解いただきたいと願います。

 

【資料について】
 資料の送付依頼は早くても一週間前にしてください。きっと印刷の関係等色々あるのだろうとは思いますし、理解はしていますが、やはりそれよりも早いと準備が追いつきません。

 

【打ち合わせについて】
 打ち合わせが必要で直接会って話したいということについては理解していますが、できる限り簡潔にお願いします。打ち合わせの時間を取ること自体難しい時期もあります。繰り返しますが、貴団体とだけお付き合いしているわけではありませんので。
 打ち合わせが必要な場合は一か月前くらいからお願いします。あまり早いと当日までに忘れてしまいます。
 なお、事前打ち合わせが必要という団体はしっかりとしたホスピタリティがあります。依頼と事前打ち合わせを電話やメールだけで済ませる団体は当日のホスピタリティもいい加減であることが多いです。特に学校。
 一度も会ったことがないかたの場合は、できる限り顔を合わせての事前打ち合わせが必要ですが、遠方の場合はメール対応で構いません。

【会場への行き方を教えてください】
 最寄駅から徒歩の場合は地図があれば便利ですが、最近はGPS付きのマップが携帯端末で見られますので大丈夫です。また、最寄駅までの時刻も調べられますので大丈夫です。

 問題はバスの場合です。
駅の何口のターミナルの何番から、何番のバスに乗るのか?
時刻表もあると有り難いです。
意外に書いていないのは、所用時間です。「バス停から徒歩何分」とは書いてくれますが、何分乗っているのか書いていないことが多いです。


学校の場合、所在地や地図だけでなく重要な情報があります。なんでしょう?
行ってみてとんでもないことになることがあります。
初めてそこに行く人のことを考えればわかります。
おそらく、公立の小中学校の訪問者の多くは地域住民だから、気づかないのでしょうね。
この点で決定的に外部講師への配慮が欠けることが多いです。