論文(学会紀要等)

▲「特別活動におけるボランティア学習の意義について」日本特別活動学会紀要第6号、1997年10月
▲「ボランティア学習の学習目的について -学びの内容からの検討-」日本福祉教育・ボランティア学習学会 研究年報Vol.3 1998(東洋堂企画出版社)、1998年10月
▲「新教育課程におけるボランティア学習の課題」学習院大学文学部研究年報46輯、2000年3月
▲「教職課程における介護等体験の課題と展望 -ボランティア学習としての可能性を探って-」日本ボランティア学習協会研究紀要第1号、2000年10月
▲「英国の学校における市民教育の特徴 -ボランティア学習の観点から-」学習院大学文学部研究年報47輯、2001年3月
▲「学校のボランティア学習における導入部の内容分析」日本福祉教育・ボランティア学習学会 年報vol.6 2001年11月
▲「イギリスの教育改革と市民教育」日本福祉教育・ボランティア学習学会年報vol.6、2001年11月
▲「青少年ボランティア育成のためのカリキュラム構成についての研究」国立オリンピック記念青少年総合センター・研究紀要第2号、2002年3月
▲「教育学におけるボランティア活動研究」大阪ボランティア協会「ボランティア活動研究」第11号、2002年9月
▲「福祉科教育法の授業実践とその成果・課題 その1」日本福祉教育・ボランティア学習学会年報vol.8、2003年12月
▲「『介護等体験』改革の必要性と方策」日本福祉教育・ボランティア学習学会年報vol.10(2005)、2005年11月
▲「教職課程科目「特別活動の研究」の学習効果の測定」日本特別活動学会紀要第14号、2006年3月
▲「高等教育におけるボランティア学習の実態に関する考察 -ボランティア関連科目の分析を通して-」、国際ボランティア学会「ボランティア学研究Vol.7 2006」、2007年2月
▲「教職科目「特別活動の研究」の学習効果に関する研究 -模擬遠足実習の教員役と生徒役による差異に着目して-」日本特別活動学会紀要第16号、2008年3月
▲「市民教育としての算数・数学教育の機能 -新教育課程における可能性を探って-」学習院大学文学部研究年報第56輯、2010年3月
▲「小学校道徳におけるボランティア学習の位置づけ」学習院大学文学部研究年報第57輯、2012年3月
▲「特別活動でボランティア活動を推進する方策について」日本特別活動学会紀要第20号、2012年3月
▲「小学校の授業におけるレクリエーションの活用方法と指導技術」学習院大学文学部編輯『教育学・教育実践論叢2012』2012年4月

▲「学校と地域の連携方策について -オーストラリアを例に-」学習院大学文学部研究年報59輯、2013年3月

▲「学びをどう創るか -学校と地域の相互作用として-」日本福祉教育・ボランティア学習学会Readings『福祉教育・ボランティア学習の新機軸 ~学際性と変革性~』大学図書出版、2014年10月

▲「生徒指導の機能を行かした特別活動のあり方 -学校レクリエーションを例に-」学習院大学文学部教育学科・教育学研究会『学習院大学教育学・教育実践論叢 第一号』2014年12月

▲「日本の教育的文脈におけるService Learningの意義とこれからの展望 -既存のボランティア学習との関連から-」国際ボランティア学会「ボランティア研究」第15号、2015年3月

▲「ボランティア学習としての道徳授業の実践方策 -副読本の資料内容から-」学習院大学文学部教育学科・教育学研究会『学習院大学教育学・教育実践論叢 第2号』2015年12月

▲「社会に主体的に参画する力を育む特別活動」日本特別活動学会紀要第24号、2016年3月

▲「教員の職務の過重負担とその要因について ~部活動を題材に~」学習院大学文学部教育学科・教育学研究会『学習院大学教育学・教育実践論叢 第3号』2017年3月